Think

ブログはわたしの”解体新書”

わたしがブログを始めた理由は至って簡単。それは”自分の解体新書をつくるため”だ。

意外と自分のことって知っているようで知らないもの。

わたしは、365日の360日くらいはアイト(夫)と過ごしている。

毎日のように一緒に過ごすようになったきっかけは、3年前のドイツへの移住。

私がライターとして働くようになったことで、結果的に日本に帰っていても毎日一緒に過ごすことになった。

ドイツに行く前は、日中別々に過ごしていたから、お互いぶつかった時には「私の何がわかるの?!」と言っていたのだけど、今や年がら年中一緒だから、それも通用しない。

なんなら、わたしのだらしないところなんかも見られているわけだし、無意識にやっていることもあっちが気づいているパターンもあるから、私より私のことを知ってる。

わたし達の一日は、毎日の公園への散歩からスタートをする。

年がら年中一緒にいながらも公園へ往復2時間、朝の散歩に出かける。

散歩の間は、大体アイトの話を聞くわけだけど、たまーに私も何か口に出してみたりする。

そんな時に「その気持ちをブログに綴ったら?」と言われたのがことの始まり。

たしかに私は、その時の感情でグワっとヒートアップするものの、終わった後にはケロッとしている。

1日寝れば大体忘れてしまうのだ。

「何にそんな熱くなってたっけ?」と思うようなことがほとんど。

まあ、大抵はたいしたことじゃないんだろうけどね笑

でも、そんな気持ちをここに綴ることで「もしかしたら、共感者がいるのかもしれない?」と思ったので、綴ることにします。

そしてそれを振り返った時に、「ああ、私はこんなことを考える人間なんだ!」と自分のことが知れればいいと思う。

そんな「わたしの解体新書」として、これからのいきかたについて書いていきたいと思います。

最後まで読んでくれてありがとう。

また、次回

SAKI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください